土地の名義変更の理由

土地の名義変更を行う必要があるという時、こうしたことを行ったことがない方は何が必要でどのような事をおこなえばいいのか困ってしまうと思います。

土地の名義変更には費用が掛かりますし、用意する書類も名義変更を行う理由によって違ってきます。

そのため、どうして名義変更をするのか、その理由を明確にしておく必要があるのです。

主に4つの理由が考えられます。

不動産を所有している方がお亡くなりになり、相続人の名義に不動産名義を変更したいという場合「相続」が理由となります。

不動産を家族や第三者に無償で譲るという場合には、「贈与」が理由となります。

この場合、贈与するということで、贈与税がかかる事があるため、慎重に考えていく必要があります。

土地を売買し名義変更するという場合には、「売買」が理由となります。

離婚などによって夫婦が結婚している間に築いた共有財産となる不動産を分けるという場合は、「財産分与」が理由となります。

この様に土地の名義の変更に関しては、理由がいくつかあり、その理由によって必要な書類、かかる費用も違いがあります。

こうした手続きに慣れているという方は、個人でも行う事が出来ますが、慣れていない方はやはり専門家に依頼した方がいいでしょう。

所有権に関する事、それ以外の名義変更や登記抹消など権利部に関しては司法書士への依頼が適切です。

無料相談を行っているところ(http://www.meigi-henkou.jp/)もありますので、まずは今どのようなことが気になるのか、こうしたサービスを利用して問題点について考えてみても良いのではないでしょうか。