贈与による土地の名義変更

土地の名義変更は、贈与によって行われることもあります。

通常、ご家族への贈与が一般的ですが、第三者への贈与という場合もあります。

贈与というのはどういう事かというと、自分が持っている財産、土地や建物などを受贈者に譲り渡すというものです。

ここに費用は発生せず、無料で受贈者に譲渡すのが贈与です。

当事者がお互いに合意し、成立します。

不動産を一気に贈与すると贈与税が高額になるため、長年にわたり少しずつ贈与し、贈与税の負担を軽くしていく方法が理想的です。

登記には名義変更する土地の登記済み証や贈与する方の印鑑証明書、実印、受贈者の住民票や認印などが必要です。

書類に関しては贈与する側と贈与される側の現在の状況によって違いがありますので、専門家に確認する事が必要です。

個人で行う場合には、法務局などへ相談してみましょう。

専門家が行う場合、相談の予約を行い相談日に必要な書類を確認し準備を行い相談へ行きます。

登記手続きに関しての見積は通常、無料という事が多いので見積を依頼してもいいでしょう。

相談後、専門家に土地の名義変更を依頼する場合、必要な書類を提示してくれますので、それに従い書類を準備し持っていきます。

この際、本人確認が必要となるため、免許証などを持っていくことが必要です。

通常、申請を行ってから登記が完了するまでに1週間程度です。

個人で行う事もできますが、書類の準備など、状況に応じて違いがありますので、専門家に依頼した方が手続きもスムーズにいくでしょう。