財産分与による土地の名義変更

日本でも離婚率が年々高くなっているといいます。

今は女性も社会に進出し、経済力を持っていますので離婚という選択をする方も多くなっているのかもしれません。

こうした背景もあり、土地の名義変更の理由に離婚による財産分与という事も多くなっているのです。

離婚による財産分与に関しては離婚成立時に請求できるようになるので、話し合いによって離婚届提出前に話がまとまっていても、離婚届提出日の登記となります。

財産分与による土地の名義変更等を専門家によって行う場合、離婚の期日が明確にわかる必要があるため、戸籍謄本が必要となります。

名義変更する土地の登記済み証、登記識別情報、所有者の印鑑証明書と実印、財産分与を受ける方の住民票、このほか財産分与の内容を説明するための時原因証明情報を作成する事が必要となります。

こういった面を見ると、やはり離婚の際には、財産分与や慰謝料などの相談から土地などの名義変更の相談ができる専門家がついている方が心強いでしょう。

専門家を利用する場合、確かにお金がかかります。

個人で行うよりも費用が掛かりますが、その分、正確な書類を作成してもらえるので、手続きがスムーズです。

特に土地の名義変更が必要な理由が離婚というお互いに気苦労の絶えないことなので、より、専門家が入り感情移入なくお互いに正統な財産分与を納得して取り決めてほしいと思います。

専門家という第三者が介入することによって、お互感情的にならず冷静に現在起きている物事を考えることができるでしょう。